【れいわ新選組・2020.11.20 合同街頭演説】くしぶち万里(東京22区)第1部 テキスト版

くしぶち万里

れいわ新選組・合同演説を開催

2020年11月20日、次期衆議院選挙にて国政政党「れいわ新選組」から立候補予定のメンバー8名が新宿西口に集合、合同演説会が開催されました。各々のスピーチを文字起こししました。前後の掛け合いも含めてどうぞ!

「私たちの暮らしと命を守るという政治を取り戻す 」

辻村ちひろ(司会進行):
さて、前半戦、トリでございます。トリにふさわしい方です。 私は個人的にはですね、れいわ唯一の環境系と思っていたら、仲間ができたんです。環境問題、地球温暖化問題、気候変動問題のスペシャリスト。非常に私は心強く思っています。そして元職です。これも心強いですね。れいわ新選組、議員になっていない人ばかりなんですけど、仲間に加わっていただきました。東京22区から立候補予定の、くしぶち万里さんです。よろしくお願いします。


くしぶち万里:
辻村さん、過分なご紹介ありがとうございます。 皆さん、こんばんは。
東京22区って聞いたことあります? 三鷹市・調布市・狛江市・稲城市北部の地域なんですが、東京22区という選挙区で、今度、衆議院選挙に向けて 予定候補者として活動しております元衆議院議員のくしぶち万里と申します。今日は皆さんよろしくお願いします。

そして、まず冒頭、本当に日頃からですね、ボランティアの皆さんに支えていただいて、そして今日も大勢の仲間がチラシを配ってくれています。寄付の受付をしてくれていたり、ここに足を止めて、早くから準備をしてくれたり、本当に皆さんの支え、まず心から感謝いたします。本当にありがとうございます。

さて皆さん、新宿駅ご通行中の皆さん、そして今日お仕事帰りの皆さん、本当に1日お疲れさまでございました。ぜひですね、数分間で結構です、足を止めて、れいわ新選組の仲間の言葉を聞いていただきたいんです。なぜなら皆さん、東京都のコロナの感染者、2日連続で500人超えましたよ。ここ東京都ですよ。そして官邸がなんて言ったか、「静かなマスクの会食しましょう」。 東京都知事が何て言ったか、「5つの小」。皆さん、こんな言葉を聞くために税金払ってるんですか?Gotoやめて、休業補償をする。こういう言葉が聞きたいんじゃないんですか? Gotoやめずに移動して、会食に注意しろ? こんな矛盾ありませんよね。私たちが総理や東京都の都知事から聞きたいのは、Gotoをやめて、休業補償をしっかりする。そして検査と隔離。そして、コロナに感染したら徹底的に治療する。医療機関と医療従事者をしっかり支えて、介護に従事してる人や、保育士の皆さんにしっかり厚い手当をする。こういう具体策を、皆さん聞きたいんじゃあリませんか?

くしぶち万里

そして、経済回復するためには消費税廃止する。現金給付もう1回やる。1回じゃ足りない、2回、3回やる。徹底的に真水100兆円で、コロナが克服されるまで、私たちの命と暮らしを守る。 これが皆さん、政治の役割ですよね、違いますか? 今、政治何やってるんですか? 私は本当に怒ってるんですよ。皆さん怒っていませんか?おかしいですよね?

消費税廃止、そんなことできっこないと皆さん思いますか? 何でできないんですか? そもそも、このコロナの前からデフレが20年続いて、ずっと経済がへこんでた。そこに安倍政権が2度にわたって増税した、だから経済その前から悪かったんじゃないですか? これもうはっきりGDPの数字で明白なんですよ。 そして安倍政権がこれをしたことで、どうなったんですか? 年収200万円の方が2割増えた。一方、1000万円以上の方が2割増えてるんです。真ん中がごっそり減って、格差の社会になったのが今の日本の現実なんですよ。だから、その根本原因であるこの消費税を廃止して、それを次の総選挙の争点にしようと私たちは求めてるんですが、皆さんいかがですか?

私、東京22区で「消費税、あなたはどっち?」というシール投票というのをおこなったんですよ。 今のコロナ禍で、皆さん消費税を0%にすべきだと思いますか? あるいは10%のままでいいと思いますか?皆さんどっちでしょう? こうしたシール投票というのを夕方の街頭演説の時にやったんですね。2カ月間続けました。約500人が参加をしてくれた。そして、調布市・三鷹市・狛江市・稲城市、それぞれ数字違うけれども、人口が違うのでね、でも割合でみると8割が0%にすべきだというのが、皆さんの民意なんですよ。だから、国民の声を聞いて、次の総選挙の争点にして、消費税を廃止する。このことをれいわ新選組も求めているんです。

消費税の廃止、極端な政策だよねって思っている人いますかね。決して、極端じゃありませんよ。なぜなら、仲間もそれぞれの演説で話してきたけれども、財源26兆円、消費税の増収分26兆円。これ、財源は新規国債発行すればいいじゃないですか。日本は供給能力が十分にある国なんですよ。そして、山本太郎代表も言ってるけれど、インフレ2%になるまで国債発行しても大丈夫ですし、その結果で、国民が消費力を高めて、世の中にお金が回って、事業主の売り上げが上がる。そこで働く従業員の皆さんの雇用が守られる。そうすれば国の税収も上がるじゃないですか。だから、消費税をまず廃止して、日本の経済を回していく突破口を開こうということを私たちは求めている。それが消費税廃止のロジックなんです。だから、皆さんやろうじゃないか、そして国民の皆さんの声で、国会議員を動かしていこうじゃないか、とお訴えしてます。

ちょうど皆さん、今臨時国会が開かれてますよね。臨時国会で消費税ゼロの特例法案というのは、実は素案がもうできてます。 そして発議者1人に加えて、衆議院で50人、参議院で20人集まれば、
議員立法で提出ができるんです。そして発議ができれば、国会で議論することができ、それを各選挙区で、皆さん市民がそれぞれの政治家にですね、本当に国民の声を聞く政治家なんだったら、消費税廃止をやってください、そういった声をどんどん、どんどん求めていけば、決して不可能じゃなく、むしろ現実的に年末までにできるかもしれない。 それが民主主義のルールであり、臨時国会を開いている意味なんですよ。ぜひですね、誰が本気で国民の命と暮らしを守ろうとしているのか、そのことを問うのが、この消費税の廃止と消費税ゼロの特例法案の提出なんです。 今日この議論をきっかけにですね、それぞれの選挙区で、今現職の議員の皆さんに問いかけてみてほしい。

そしてコロナ禍で、まず何と言っても、私たちの暮らしと命を守るという政治を取り戻してくれと
いうことを強く求めて、政治は希望である、このことを訴え、まず1回目のお訴えとさせていただきます。ありがとうございました。


辻村ちひろ:
ありがとうございます。やっぱり元職員演説うまい!
しゃべり慣れてらっしゃいますね、うらやましいですよね、ほんとに。

合同街頭演説・スピーチまとめ

くしぶち万里 インフォメーション

れいわ新選組・くしぶち万里さんの今後の活動にぜひご注目ください。また、一緒に活動してみたい、ボランティアに参加してみたいというかた、下記のサイトやSNSをご参考に、問い合わせしてみてくださいね。

くしぶち万里くしぶち 万里
比例:東京ブロック
小選挙区:東京22区
元衆議院議員
Twitter  Facebook
公式サイト  紹介ページ
タイトルとURLをコピーしました