【れいわ新選組・2020.11.20 合同街頭演説】くしぶち万里(東京22区)第2部 テキスト版

くしぶち万里(れいわ新選組)

れいわ新選組・合同演説を開催

2020年11月20日、次期衆議院選挙にて国政政党「れいわ新選組」から立候補予定のメンバー8名が新宿西口に集合、合同演説会が開催されました。各々のスピーチを文字起こししました。前後の掛け合いも含めてどうぞ!

原子力政策に依存してCO2ゼロにしましょうというのは絶対ダメ

辻村ちひろ(司会進行):
暗い感じのニュースが多かったんですけれど、次のくしぶちさんの前に、ちょっとだけ嬉しい話。全会一致で、日本の国会、衆議院で「気候非常事態宣言」というのを出すということが可決されました。ようやくです。遅いけれど、やっとこの危機的状況っていうのを国会も理解し始めたのかなっていう風に思います。そういう意味では隔世の感がありますよね。

日本は財政破綻しませんチラシ」ぜひ多めに持って帰って、お友達に配ってください。本当に破綻するって思わされているんで、「破綻しません」、そういう内容になってます。ぜひ持って帰ってください。

今日のれいわ支部長祭、大トリになります。東京22区、愛すべきお姉さまでございます。くしぶち万里さん、よろしくお願いいたします。


くしぶち万里:
皆さん、こんばんは。2回目の登場になりますけれど、ここで初めてお聞きになる皆さんもいらっしゃると思います。あらためまして、東京22区と言いまして、調布市・三鷹市・狛江市・稲城市北部の4市で、次の衆議院選挙に向けて予定候補者として活動しております元衆議院議員のくしぶち万里と申します。よろしくお願いいたします。また、ずっと長い間、立ってお聞きいただいている皆さん、本当にありがとうございます。ボランティアの皆さんも、チラシをずっと配っていただいて。お仕事帰りの皆さん、西口でお待ち合わせの皆さんもですね、お時間の無い方はぜひ、チラシだけ持ってお帰りいただきますよう、よろしくお願いいたします。

ちょうど今、辻村さんがですね、「気候非常事態宣言」が採択されたと。国会決議として日本が他国に遅れてなんですけれども、ようやく「気候非常事態宣言」を発議、発表しました。本当に良かった、そしてようやくという思いと同時にですね、この宣言の中には、実は、内容の具体的な行動は書かれていないということも覚えていただきたいんです。この宣言をしたことで、市民や民間の企業や全国の自治体に、この気候変動から今、気候危機にあるよ、だから地球温暖化を止めて、しっかり持続可能な日本を作ろうじゃないか、こうした宣言をしたことはいいのですが、その具体的な行動は、国がリードするよりも、むしろやるのは皆さん、みたいな内容になっていて、それは違うんじゃないかなって私は思ってるんですね。しっかり国が計画を作る。何の計画かといえば、菅さんが2050年カーボンゼロ宣言というのをしました。そして2050年にCO2ゼロにするためには、具体的に中期の目標、短期の目標、何をするんですかっていうことを法的根拠をもって、法律を作って、皆さんに国の責任を示さないといけないんですよ。

2050年。かなり遠い目標ですよね。何歳になってるんだみたいな話なんですけど、2050年、そのことをしっかり計画通りにするためにも法律が必要ということと、あと、これは絶対に覚えてほしい。原子力発電所を新設したり、再稼働したり、原子力政策に依存してCO2ゼロにしましょうというのは絶対ダメだ、そのことをぜひ覚えていただきたい。2050年カーボンゼロにするには、自然エネルギーを100%にしなきゃいけない。だから2030年までには石炭火力を全廃する。そして2030年頃には自然エネルギー50%に増やさないといけないんですよ。ちょうどですね、石炭の比率、今の現状をみると、28%ぐらいなんですね。2030年の自然エネルギーの目標っていうのが、約22%から24%って政府が決めています。その石炭を全廃する分と自然ネルギーを合わせたら、ちょうど50%ぐらいになるじゃないですか。自然エネルギーにできるんですよ。でも菅さんは、そして政府は、そして国会の議員連盟もですね、「原発でやらない」という風には言ってないんです。なので是非皆さん、脱原発と、石炭火力を無くす、自然エネルギー100%を目指すのが2050年だという長期目標に向かって、短期の目標、中期の目標をしっかり作るという、こういう2050年ゼロ宣言、そして気候変動対策が危機ということを共有してですね、今日採択された「気候非常事態宣言」を受け止めていただきたいと思います。

くしぶち万里(れいわ新選組)

この場で初めて足を止めていただいてる皆さんもいらっしゃると思うので、先ほどと同じ話になりますが、大事な話なのでお訴えをしたいと思います。皆さん、この東京都で、500人、コロナの感染者2日連続超えてしまいました。そして官邸や都知事がなんて言っているか。「静かなマスク会食」とか「5つの小」とか、私うまく言えないですよ。一体何なんだこれは!っていう話じゃありませんか。保健所の衛生指導員なんですか? 政府にいる人達は。おかしいですよね。GoToを止めずに会食には注意しろ、こんな矛盾した政策はないんです。皆さん、こんな言葉を聞くために税金を払ってるんですか?

新宿駅ご通行中の皆さん、是非聞いていただきたい。総理や東京都の都知事の口から聞きたい言葉は、Gotoを止めて、しっかり皆さんの休業補償をするということ。二つ目は、医療機関や医療従事者をしっかりと手当をして、介護士や保育士、人のケアに従事する人たちの手当を厚くするということ。そして、検査をしっかりする、隔離をする、陽性になった人は徹底的に治療する。こうした命を守る政策が、新宿の皆さん、必要なんじゃありませんか?東京都のこのど真ん中にいて、私たち毎日不安ですよね。命や暮らしを守るのは政治の役割ですよ。

そして経済は消費税を廃止する。現金給付一度だけ10万円きたけど、これ2度3度、もう1回やりましょうよ。れいわ新選組は真水100兆円のコロナ対策、ずっと春から言ってますけど、積極的に財政出動して、徹底的にこの100年に1度のコロナ危機を乗り越えられるよう、冬を越せるよう、みんなで笑顔でお正月を迎えられるようにですね、政府には本当に国民の命を守れるように、積極財政をやって欲しいんです皆さん、いかがですか?そのために政治があります。

この「消費税を廃止」、これ決して極端な政策ではありません。是非、国債発行して、税収分26兆円ですけれども、日本は十分に供給能力あるんですよ。そのために政府がいるんです。この消費税廃止、なんで言っているかと言うと、もうコロナになる前から、安倍政権で随分経済へこんでました。20年もデフレが続いた中で、皆さん、2度も増税したの覚えてますよね? 何でへこんでるのに、実質的に下がってるのに、増税するんですか?だから年収200万円の人が2割も増えているんですよ。一方で1000万円以上の年収の人も2割増えている。二極化している、格差が開いている。こうした社会を安倍政権は作ってしまったんです。だから、その大きな根本的な原因の消費税を廃止しよう、それを次の総選挙の争点にして、しっかり選挙で国民の声を聞いてもらって、自民党政治を止めさせよう、そして私たちの本当に思う経済対策やコロナ対策をしっかりやらせていただきたいと、今日はこの場で訴えをさせていただいております。

皆さん、消費税導入の時、これコンセンサス、皆さんに同意とってませんよね? この消費税入れる時に、分かった、よし、これで社会保障OKって同意しましたか? コンセンサス取ってないですよね? そんな状況のまま、10年近くも経って、そしてこのコロナで、これじゃ駄目だという声を、次の総選挙でひとつにまとめて、大きな変化を、新しい政治を、皆さんと一緒に作って行きたいと思っています。是非、これからもれいわ新選組を応援していただいて、皆さんと一緒だからこそできる新しい政治を、そして政治は希望です、希望を政治に取り戻していく、そのためにこれからも活動してきますので、どうぞ皆さん、よろしくお願いいたします。本当に今日はありがとうございました。


辻村ちひろ:
くしぶちさん、ありがとうございます。6時に開始をさせていただいて、ちょっと8時にこぼれてしまいましたね。2時間にわたって、この場所をお借りいたしまして、れいわ新選組の東京・千葉・埼玉の支部長が集まりまして、街頭演説会をやらせていただきました。ありがとうございます。遅くまで、最初から聞いてくださった方もいらっしゃると思いますし、途中からの方も、皆さん本当にありがとうございます。

れいわ新選組、日本を守るということはあなたを守ることだと。生きているだけで価値がある、そういう社会をつくる。生産性で線引きをしない社会をつくろう。自己責任の社会から、みんなで支え合う社会。積極財政の大きな政府でみんなで支え合う社会か、それとも、小さな政府で自己責任の社会を目指すのか、次の選挙の争点はそこだと思います。私は大きな政府、積極財政で、みんなで支え合う社会を作りたい。是非、お力をお貸しください。よろしくお願いいたします。

新宿駅前ご通行中の皆様、大きな音で失礼いたしました。れいわ新選組街頭演説会、これにて終了したいと思います。それからボランティアの皆様、お時間を使って、汗をかいていただいて、ありがとうございます。皆さんの支えがあって、我々成り立っていますので、御礼申し上げます。今日はこれで終わりたいと思います。皆さん、ありがとうございました。

合同街頭演説・スピーチまとめ

くしぶち万里 インフォメーション

れいわ新選組・くしぶち万里さんの今後の活動にぜひご注目ください。また、一緒に活動してみたい、ボランティアに参加してみたいというかた、下記のサイトやSNSをご参考に、問い合わせしてみてくださいね。

くしぶち万里くしぶち 万里
比例:東京ブロック
小選挙区:東京22区
元衆議院議員
Twitter  Facebook
公式サイト  紹介ページ
タイトルとURLをコピーしました