【書籍紹介&レビュー】僕にもできた! 国会議員(山本太郎・著)

表紙・概要

僕にもできた!国会議員

僕にもできた! 国会議員

山本 太郎 〔著〕
1974年兵庫県宝塚市生まれ。2001年日本映画批評家大賞助演男優賞、’03年ブルーリボン賞助演男優賞受賞。’11年4月より反原発活動を開始。’13年7月参院選に当選。’14年「生活の党と山本太郎となかまたち」の共同代表に。’16年10月、政党名を「自由党」に改称、共同代表に。’19年4月、れいわ新選組を設立。

雨宮 処凛 〔取材・構成〕
1975年北海道生まれ。作家・活動家。フリーターなどを経て2000年、自伝的エッセイ『生き地獄天国―雨宮処凛自伝』(太田出版、ちくま文庫)にてデビュー。’06年から貧困・格差の問題に取り組む。著書多数。『生きさせろ!―難民化する若者たち』(太田出版、ちくま文庫)にてJCJ賞(日本ジャーナリスト会議賞)受賞

出版社:筑摩書房
出版年月:2019年4月

内容紹介

国会議事堂の方向もわからない。専門家の講義を受けても何が問題かもわからない。そんな山本太郎が猛烈に学び、時に総理に挑み、時に牛歩し、災害対策、生活保護…。数々の成果を上げるまでの大冒険!

目次
序章 議員になってからを振り返る―何がわからないかもわからなかった6年前
第1章 山本太郎にもできた!―意外な「成果」の数々
第2章 なぜ、小沢一郎氏と合流したのか?そしてなぜ、牛歩したのか?
第3章 山本太郎、今、改めて原発・被曝問題を語る
第4章 山本太郎、経済政策を語る
第5章 山本太郎が皆さんからの質問に答えます
第6章 木村草太氏と憲法を語る
第7章 山本太郎と愉快な仲間たち―事務所スタッフ紹介

矢部宏冶さん×山本太郎さん 対談

『日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか』の著者・ 矢部宏冶さんと山本太郎さんの対談動画、前半です。(後半はコチラ

いまこの本を読め・第6回「山本太郎『僕にもできた! 国会議員』(筑摩書房)(前半/国会議員になるまで) (聞き手:矢部宏治)

<いまこの本を読め・第6回「山本太郎『僕にもできた! 国会議員』(筑摩書房)(前半/国会議員になるまで) (聞き手:矢部宏治)

読者レビュー

読者の感想をピックアップ。

読んだ感想・気づき・良かった一文など、ぜひお聞かせください。
コメント欄にて募集中です!(軽めに一行でも、長めの熱い書評でももちろんOK!)
※コメント承認後、ページに表示されます

政治家山本太郎の軌跡。山本太郎さんは、当事者の小さな声をひとつひとつ大切にすくい上げてくれる人だと思います。型にハマらない、政治初心者ならではの異次元の仕事術。牛歩の裏側に涙します! 国会質問の作成方法に驚愕します!国会・政治・政治家が身近に感じられるようになりました。
太郎さんが地道に活動していたこと、世間を騒がせる行動をしたときは何を考えていて、その後どう思ったか、などがそのまま書いてあるように思いました。 これを読むまでは知らなかった社会問題も知ることができ、知識も広がりました。そして表紙がかわいいので、パタっと閉じた時に癒される、という感覚を楽しめました♫ 最寄りの図書館にも置いてあって貸出中だったので、誰かが読んでいるんだなーと思うと嬉しかったです。
国会のやり取りや仕組みが可視化されて、ナゼにポンコツ政治になったのかが理解できる。ずーっと不思議だった謎が解けてれいわ新選組応援一択です。政治に関心を持つ、投票しなければならぬ気持ちにさせてくれる名著。
真面目な話ししてるんだけど爆笑な所がいっぱい(笑)。政治の本でこんなに笑うとは…。太郎さんの不屈の精神と努力、国会の内幕がわかるとても良い本です。どうして太郎さんが現在のようになったのかがよくわかります。

お買い求めはお近くの書店にて

AmazonなどのECショップでも販売していますが、お近くに書店があれば、せっかくなので足を運んでみませんか?在庫がなければ、ぜひ書店員さんに注文してみてください。紹介した書籍がコミュニケーションのきっかけになりますように。

コメント

  1. 名無しさん より:

    政治家山本太郎の軌跡。
    山本太郎さんは、当事者の小さな声をひとつひとつ大切にすくい上げてくれる人だと思います。型にハマらない、政治初心者ならではの異次元の仕事術。
    牛歩の裏側に涙します!
    国会質問の作成方法に驚愕します!
    国会・政治・政治家が身近に感じられるようになりました。

タイトルとURLをコピーしました